ブックタイトル水戸工機製品カタログ

ページ
3/94

このページは 水戸工機製品カタログ の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

水戸工機製品カタログ

会社概要沿 革社 是●顧客が満足する商品を廉価に提供し社会に奉仕する●無限の可能性に向かって技術力を蓄積し創造力を発揮する●進んで困難にあたり、明るい職場をつくり幸福な人生を築く名称本社工場創立資本金代表者従業員製造品目名水戸工機株式会社茨城県水戸市大塚町1845番地 TEL.029(251)5111 FAX.029(251)5114URL http://www.mitotool.com/   E-mail info@mitotool.com昭和15年10月3日4,650万円代表取締役社長 成田浩明80名ソケットレンチセット・ソケットレンチ用ソケット及びハンドル類、インパクト用ソケット及びアタッチメント、スパナ類(めがねレンチ・スパナ・コンビネーションレンチ等)、六角棒レンチ類(ホローレンチセット・ボールポイントレンチ等)、ギヤレンチ(倍力レンチ)特殊専用工具 その他1940年(昭和15年) 初代社長 成田文市氏が水戸合金工具製作所として、水戸市赤塚町に創業。1951年(昭和26年) 経営の合理化により中小企業庁長官賞を受賞。1957年(昭和32年) 通商産業省よりソケットレンチ及びソケットレンチ用ハンドルが日本工業規格(JIS)の表示許可工場(※)に認定される。ついで、防衛庁の指定銘柄品となる。1961年(昭和36年) 水戸工機株式会社に社名を変更。1963年(昭和38年) 水戸市大塚町に新工場を建設し、設備を大幅に合理化する。1964年(昭和39年) 中小企業庁より、中小企業合理化モデル工場に指定される。1966年(昭和41年) 水戸市大塚町でソケットレンチ及びソケットレンチ用ハンドルの日本工業規格(JIS)の表示許可工場(※)を再取得する。また、NHK教育テレビ「これからの中小企業」に30分放映される。1968年(昭和43年) めがねレンチが日本工業規格(JIS)の表示許可工場(※)に認定される。1971年(昭和46年) 東京中小企業投資育成株式会社より出資を受け、資本金4,150万円に増資。1972年(昭和47年) 成田弘市氏が社長に就任1973年(昭和48年) 中小企業合理化モデル工場に5回連続更新。1975年(昭和50年) 中小企業庁長官より、感謝状を授与される。株式会社小松製作所より熱処理認定工場に認定される。1980年(昭和55年) ドイツのケルンハードウエアショーにインパクト用ソケット及びアタッチメント等の出展を開始する。1985年(昭和60年) 茨城県中小企業優良新製品推薦証を受ける。(T型ホローレンチ)1991年(平成3年) 茨城労働基準局より表彰を受ける。1995年(平成7年) 株式会社小松製作所より20年連続して熱処理認定工場に認定される。1998年(平成10年) 成田浩明氏が社長に就任するとともに、資本金を4,650万円に増資。2000年(平成12年) ドイツのケルンハードウエアショーに20年連続して出展する。株式会社KPMGセンチュリー審査登録機構よりISO9001の認定取得株式会社KPMGセンチュリー審査登録機構の登録番号:CR-Q0168株式会社日本適合性認定協会(JAB)の整理番号:157352002年(平成14年) 名古屋営業所開設西日本営業所開設2003年(平成15年) 仙台営業所開設北信越営業所開設2008年(平成20年) 西日本営業所移転に伴い名称の変更(旧)東京営業所→(新)東部営業部(旧)名古屋営業所→(新)中部営業部(旧)西日本営業所→(新)西部営業部(旧)仙台営業所→(新)仙台営業部(旧)北信越営業所→(新)北信越営業部2014年(平成26年) 東部営業部に仙台営業部を統合(※)現在は認定工場